トップ観光・イベント・魅力歴史・文化> 甲塚古墳出土埴輪の修理を行っています

甲塚古墳出土埴輪の修理を行っています

甲塚古墳出土遺物

下野国分寺跡の南西部に隣接して所在する甲塚古墳からは、発掘調査により多数の埴輪や土器が見つかっています。これらの出土遺物のうち、機織形埴輪や馬形埴輪などの埴輪23点、土器類64点が平成29年に国の重要文化財に指定されました。

保存修理事業

重要文化財に指定された埴輪などは、バラバラに壊れた状態で見つかっているため、仮に接合した状態となっていました。そのままでは、安全に保存・展示することができないため、平成30年度から国の補助事業として保存修理事業を実施しています。令和3年度は人物埴輪3体の修理を行いました。

令和3年度の実施状況
修理前(左から人4・人6・人17)
人4正面人6正面人17正面

修理後(左から人4・人6・人17)
人4修理後人6修理後人17修理後

※修理の詳細な内容は下記の関連資料をご覧ください。
 

【関連資料】
掲載日 令和4年3月30日 更新日 令和4年6月13日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化財課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
FAX:
0285-32-8610
Mail:
(メールフォームが開きます)