ご家庭から出た廃食用油を回収します

下野市では、ごみの更なる資源化のため、平成30年1月から廃食用油の回収を始めます。回収場所は下野市役所(東側出入口付近)、生涯学習情報センター、石橋公民館となります。 南河内公民館は6月から休館のため、当面の間、南河内図書館に回収場所を変更いたします。

回収できる油

サラダ油、菜種油、ベニバナ油、コーン油、ごま油、オリーブオイルなどの植物性油
※消費・賞味期限の切れた植物性油も回収します。未開封のものは、そのまま持参してください。他の容器に移し替える必要はありません。

回収できない油

ラード、バターなどの動物性油、機械油、灯油、軽油、エンジンオイルなどの鉱物油、弁当屋、調理施設、スーパーなどの事業活動から出る油

油の出し方

ご家庭で使用された天ぷら油などの廃食用油をペットボトルに入れ、ふたをしっかり閉めてから出してください。
ペットボトルに入った油の写真

注意事項

  • 天ぷら油などは油カスを取り除いてください。取り除いた油カスは「燃やせるごみ」で出してください。
  • 市販の油凝固剤で固めた油も「燃やせるごみ」で出してください。
  • ガラスビンは破損の恐れがあるため、使用しないでください。
  • 戸別の回収は行いません。

回収方法・回収場所

各回収場所に設置されている廃食用油用回収ボックスに入れてください。ボックスの近くにはのぼりが立っています。
  • 下野市役所(東側出入口付近)
  • 生涯学習情報センター
  • 石橋公民館
  • 南河内図書館(※南河内公民館休館中の間)
廃食用油ボックスの写真廃食用油回収のぼりの写真

回収された廃食用油のリサイクル

リサイクル油の製造

油脂を精製し、用途に応じたリサイクル油を製造します。

リサイクル油の製造過程
                                                                                 ©株式会社吉川油脂

リサイクル油の主な用途

主に下記のような用途でリサイクル油が利用されています。
リサイクル油の用途:飼料リサイクル油の用途:石鹸など
リサイクル油の用途:燃料・バイオディーゼルリサイクル油の用途:塗料など
                                                                                 ©株式会社吉川油脂
※家庭から出た廃食用油については、食品のトレーサビリティ確保のため、飼料として再利用されていません。

掲載日 平成29年12月25日 更新日 平成30年7月31日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 環境課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
0285-32-8898
FAX:
0285-32-8609
Mail:
(メールフォームが開きます)