このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ経済・産業・ビジネス産業> 下野市空き店舗活用事業奨励金の要綱を改正しました

下野市空き店舗活用事業奨励金の要綱を改正しました

下野市空き店舗活用事業奨励金のご案内

  このたび、空き店舗活用事業奨励金の交付要綱を改正しました。 

  下記認定要件を満たし、商業等の事業を開始した方を対象に、「空き店舗活用事業奨励金」を交付し、本市における商業等の振興につながることを期待します。

 

空き店舗とは

  かつて事業の用に供され、その後、移転、閉店等により閉鎖され3か月以上事業の用に供されていない店舗

奨励金について

  • 事業を開始した月から1年間に限り、対象物件に係る賃借料(敷金、礼金その他これらに類するものを除く。)の2分の1に相当する額
  • 限度額は60万円
  • 奨励金の交付は6か月ごとに交付

対象区域

  市内全域

奨励金の受給資格の認定申請

  奨励金の交付を受けようとする方は、交付申請の前に、WORD 空き店舗活用事業奨励金受給資格認定申請書(WORD 33 KB)により、次の(1)~(4)の書類を添えて提出し、奨励金受給資格者の認定を受けてください。
  申請は、事業開始前から事業開始後2か月までの間に行ってください。
 

  1. 空き店舗に係る賃貸借契約書の写し
  2. 空き店舗に係る契約金の領収書の写し
  3. 空き店舗の位置図
  4. 事業開始前の店舗外観及び内観の写真 

認定の要件

  1. 市内において空き店舗を賃借して事業を開始する方
  2. 1年以上営業を継続できる方
  3. 風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する風俗営業以外の業務を営む方
  4. 市税等を完納している方
  5. 市民の生活の安全及び平穏を確保することを阻害するおそれのない方

認定の通知

  申請後、審査を行い、奨励金受給資格を認定したときは、認定書により通知いたします。

受給資格認定後から奨励金の交付まで

  1. 奨励金受給資格を認定された方(認定者)は、事業開始の月から6か月経過した後及び1年を経過した後に、奨励金の交付を申請します。
  2. 奨励金の交付決定を受けた認定者は、請求書を提出します。
  3. 認定者に奨励金が交付されます。

掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
産業振興部 商工観光課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
0285-32-8907
FAX:
0285-32-8611
Mail:
(メールフォームが開きます)