このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き・環境健康・医療お知らせ> 熱中症にご注意ください

熱中症にご注意ください

熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、 救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、 周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症予防のために

暑さを避ける

  • 室内にいるときには、扇風機やエアコンで温度をこまめに調節したり、遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用しましょう。
  • 外出時には日傘や帽子を着用し、天気のよい日は日陰の利用、こまめな休憩を取りましょう。
  • 吸湿性・速乾性のある通気性のよい衣服を着用したり、保冷剤・氷・冷たいタオルなどで、からだを冷やしましょう。
※「熱中症警戒アラート」発表時には、外出をなるべく控え、暑さを避ける行動を取ってください。

水分を補給する

外出時や、室内で過ごしている時でも、のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分・塩分などを補給しましょう。

熱中症になってしまったら

熱中症になると、以下のような症状が現れます

分類や症状について
分類 症状
I度
(軽度)
めまい、失神(立ちくらみ)、筋肉痛、筋肉の硬直(こむらがえり)、
手足のしびれ、気分の不快
II度
(中等度)
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感(ぐったりする、力が入らない)、
軽い意識障がい(いつもと様子が違う)
III度
(重度)
意識障がい(呼びかけや刺激への反応がおかしい)、
けいれん、手足の運動障がい(まっすぐ走れない、歩けない)、
高体温(体に触ると熱い)

熱中症になってしまったときや、熱中症と疑われる人がいる場合には(応急処置)

意識がありますか?

  • 意識がない場合、すぐに救急車を呼んでください。
    ※呼びかけへの反応が悪い場合には、無理に水を飲ませないでください。
    ※救急車が来るまでの間、涼しい場所に避難させ服をゆるめ、氷のうや冷たい飲み物などを首の周り・脇の下・足の付け根に当て、体を冷やしてください。
  • 意識がある場合には、以下の応急処置をしてください。
    ※意識がある場合でも、自分で水分を補給できない場合や、応急処置を行った後も症状が改善しない場合には、すぐに医療機関を受診してください。

応急処置

涼しい場所へ:エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ移動または避難させてください。

からだを冷やす:衣服をゆるめ、からだを冷やしましょう(特に、首の周り、脇の下、足の付け根など)。

水分補給:水分・塩分、スポーツドリンクなどで水分の補給をしましょう。

熱中症警戒アラートについて

熱中症警戒アラートとは

環境省では、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境になると予想される日の前日夕方または当日早朝に都道府県ごとに「熱中症警戒アラート」が発表されます。
「熱中症警戒アラート」が発表されている日は、外出を控える、エアコンを使用するなど熱中症を予防する行動を取りましょう。

熱中症警戒アラートの情報配信サービス

情報配信サービスを利用する場合には、以下のリンク先で登録ください。
【環境省熱中症予防情報サイト】

掲載日 令和4年6月30日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部