○下野市議会における災害発生時の対応要領

平成25年9月19日

議会訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は、下野市において大規模災害が発生したときに、下野市議会基本条例(平成25年下野市条例第32号)第17条第2項第1号の規定に基づき、下野市議会が下野市災害対策本部(以下「市対策本部」という。)と連携し、災害対策活動を支援するため、必要な事項を定める。

(支援本部の設置)

第2条 下野市議会議長(以下「議長」という。)は、大規模災害の発生により市対策本部が設置された場合、これに協力するため、下野市議会災害対策支援本部(以下「支援本部」という。)を設置する。

(支援本部の組織)

第3条 支援本部は、支援本部長、支援副本部長及び支援本部員をもって組織する。

2 支援本部長は、議長をもって充て、支援本部の事務を統括し、支援本部員を指揮監督する。

3 支援副本部長は、副議長をもって充て、支援本部長を補佐し、支援本部長に事故があるときは、その職務を代理する。

4 支援本部員は、支援本部長、支援副本部長を除く全ての議員をもって充て、支援本部長の命を受け支援本部の事務に従事する。

(職務代理)

第4条 議長が支援本部長の任に、副議長が支援副本部長の任に就けない場合、あるいは支援本部長又は支援副本部長に欠員が生じたときは、別表の順位に従い、それぞれの職務を代理する。

(支援本部の任務)

第5条 支援本部は、次に掲げる事務を行うものとする。

(1) 議員の安否等の確認を行うこと。

(2) 市対策本部からの災害情報の報告を受け、各議員に情報提供を行うこと。

(3) 災害情報を収集・整理し、市対策本部に提供すること。

(4) 被災地及び避難所等の調査を行うこと。

(5) 必要に応じて国・県等への要望を行うこと。

(6) その他、支援本部長が必要と認める事項に関すること。

(議員の対応)

第6条 議員の対応は、次に掲げるとおりとする。

(1) 自らの安否及び居所又は連絡場所を支援本部に報告し、連絡体制を確立すること。

(2) 支援本部より情報の提供を受けること。

(3) 各地域における被災地及び避難所等での情報収集を行い、必要に応じて支援本部へ報告すること。

(4) 各地域における活動に協力すること。

(5) 各地域において被災者に対する相談及び助言等を行うこと。

(議会事務局の対応)

第7条 議会事務局長は、市対策本部の会議等に出席し、支援本部からの要請及び状況等を報告するとともに、情報収集に努め、支援本部への情報提供を行うものとする。

(委任)

第8条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、支援本部長が別に定めるものとする。

附 則

この訓令は、平成25年10月1日から施行する。

別表(第4条関係)

順位

支援本部長の職務を代理する者

支援副本部長の職務を代理する者

第1位

副議長

総務常任委員会委員長

第2位

総務常任委員会委員長

経済建設常任委員会委員長

第3位

経済建設常任委員会委員長

教育福祉常任委員会委員長

第4位

教育福祉常任委員会委員長

総務常任委員会副委員長

第5位

総務常任委員会副委員長

経済建設常任委員会副委員長

第6位

経済建設常任委員会副委員長

教育福祉常任委員会副委員長

第7位

教育福祉常任委員会副委員長

下野市議会における災害発生時の対応要領

平成25年9月19日 議会訓令第3号

(平成25年10月1日施行)