トップ市政情報・市民参加施政方針・各種計画新市建設計画> 新市建設計画を変更しました(平成25年12月)

新市建設計画を変更しました(平成25年12月)

新市建設計画を変更しました

新市建設計画とは

  平成17年1月に南河内町・石橋町・国分寺町合併協議会において、合併後の新市を建設していくための基本方針を定めるとともに、これに基づく建設計画を策定したものです。

新市建設計画変更の理由

  平成24年6月に「東日本大震災による被害を受けた合併市町村に係る地方債の特例に関する法律の一部を改正する法律」(合併特例債延長法)が成立し、合併特例債の発行期間が被災地以外の市町村でも5年間延長され、平成32年度まで発行が可能となりました。

  本市では、合併特例債の有効活用を図るため、最大限の活用を含めた第二次長期財政健全化計画を平成25年3月に策定しました。

  下野市総合計画後期基本計画の重点戦略事業である新庁舎建設事業や現3庁舎跡地の利活用をはじめ、(仮称)三王山公園、スポーツ活動拠点整備などに際して、有利な合併特例債をより効果的・効率的に活用するため、新市建設計画を変更しました。

新市建設計画の変更内容

  • 計画期間の延長 (計画 4ページ)
    【現】平成17年度~平成27年度⇒【新】平成17年度~平成32年度
  • 財政計画の変更 (計画 50ページから)
    • 第二次長期財政健全化計画と整合性を図った計画に変更

 

※詳細は、関連資料をご覧ください。


掲載日 平成28年12月27日 更新日 平成29年4月7日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 総合政策課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)