このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  市政情報・市民参加 >  施政方針・各種計画

施政方針・各種計画

施政方針・各種計画
民間との連携協定   地方創生の一層の推進を図る観点から、地域の実情等をよく知る地域金融機関と自治体が相互連携し、金融機関の様々なネットワークを活用するなど、地域の経済活性化に取り組む事例が増えています。
  本市では、市民が幸福感を感じ、人や企業に選ばれる活力あるまちづくりを進めていくため、金融機関と緊密な連携を図り、本市と金融機関が有する情報やネットワークなどの知的・人的資源を活用しながら、地域経済の活性化等を図り、持続的に発展するまちを実現することを目的として、市内に支店のある金融機関と連携してまいります。


平成28年 6月16日 : 株式会社足利銀行と協定締結
平成28年10月26日 : 株式会社栃木銀行と協定締結 
平成28年12月19日 : 足利小山信用金庫と協定締結
【中止】令和2年度下野市中学生議会 総務部 総務人事課
下野市では、市の将来を担う子どもたちが、市議会議員の役割を担うことにより、主権者として地方自治の仕組みへの理解を深めながら、論理的コミュニケーション能力を養成するとともに、まちづくりを身近なものとして捉え、中学生の視点から政策提言する機会を...
【中止】令和2年度下野市中学生平和研修派遣事業 総務部 総務人事課
下野市では、次代を担う若い世代が、核兵器の恐ろしさ、平和の尊さ、生命の尊厳について学ぶ機会を設け、将来につなげる生徒を育成することを目的に、平成26年度から下野市中学生平和研修派遣事業として、広島平和記念式典等への中学生の派遣を行ってきまし...
令和元年度  下野市中学生平和研修派遣報告 総務部 総務人事課
広島平和記念式典に中学生を派遣しました 非核平和推進事業及び平和学習活動の一環として、核兵器の恐ろしさ、戦争の悲惨さ及び平和の尊さについて学ぶため、次代を担う市内各中学校の代表生徒を広島に派遣しました。 昨年度同様、壬生町と合...
非核平和都市宣言 総務部 総務人事課
下野市では、平成18年6月16日に非核平和都市宣言を行い、戦争や原爆の記憶を風化させることのないよう、平和行政の推進に取り組んでいます。 非核平和都市宣言(平成18年6月16日 告示第182号) 世界の恒久平和と安全は...