このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

下野市国際交流協会のなりたち

  下野市の国際交流は、合併前の旧石橋町において30年間続けられてきたドイツ・ヘッセン州にあるディーツヘルツタール町との姉妹都市交流が土台となっています。
  交流の歴史は、昭和41年に獨協医科大学名誉学長の故・石橋長英博士の橋渡しによる、同じ名前が取り持つ縁をきっかけに、旧西ドイツのシュタインブリュッケン(日本語で石橋の意味。現在は合併してディーツヘルツタール)と旧石橋町の小学校児童による絵画の作品交換から始まりました。
  その後、両町の交流が深められ、幅広い国際交流の芽を育んでいくため平成4年に石橋町国際交流協会が設立され、平成17年には姉妹都市締結30周年を迎えました。平成18年1月に旧石橋町、国分寺町、南河内町の3町合併により下野市が誕生し、現在の下野市国際交流協会へと発展しました。

掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 市民協働推進課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)