このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
公式サイトがつながりにくい場合にはヤフー株式会社の協力によるキャッシュサイトをお試しください
トップ観光・イベント・魅力歴史・文化史跡> 令和元年度 児山城跡発掘調査成果

令和元年度 児山城跡発掘調査成果

下野市教育委員会では、県指定史跡児山城跡の範囲確認を目的として、平成28年度から5ヶ年計画で発掘調査を実施しています。
発掘調査成果を広く周知するため、毎年度、現地説明会を開催してきましたが、令和元年度は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、説明会を開催することができませんでした。お詫び申し上げるとともに、ホームページで調査成果を公表させていただきます。

調査期間

令和2年2月1日~3月31日

令和元年度の調査目的

平成29・30年度は、本丸(主郭部)東の第2郭の範囲確認を目的として調査を実施しました。
令和元年度は、西側の範囲確認を目的として第2郭南西部の利用状況、第2堀西部の位置の確認を実施しました。
発掘調査位置図

令和元年度の調査成果

第2郭南西部では、郭の南側(堀側)で土塁の基底部を確認しました。郭南西部では土塁が0.8mほどの高さで残っており、土(ローム)や3cm大の小石を突き固めて土塁を作っていたことが分かりました。
西から見た土塁南西隅(断面)
第2堀西側は、上幅が15mにも及ぶことが明らかになりました。これにより、第2堀が東西170mに及ぶことが判明しました。また、堀は最終的に堀の西側(第3郭)から埋め戻されていました。埋め戻しの際に、第2郭南西部の土塁と大きさの小石で埋め戻されており、第3郭に存在した土塁を壊して堀を埋めた可能性があることがわかりました。
西から見た第2堀西部

 


掲載日 令和2年4月13日 更新日 令和2年8月3日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化財課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
FAX:
0285-32-8610
Mail:
(メールフォームが開きます)