このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

子宮頸がん予防ワクチン

このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。

新型コロナワクチンとの接種間隔について

新型コロナワクチンを接種する場合は、前後2週間はHPVワクチンを接種できません。また、同時接種もできません。

例1

4月1日に新型コロナワクチンを接種した場合、HPVワクチンを接種できるのは、4月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。

例2

4月1日にHPVワクチンを接種した場合、新型コロナワクチンを接種できるのは、4月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。
 

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨を再開

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)につきまして、平成25年6月14日の厚生労働省の通知を受け、積極的な勧奨を差し控えておりましたが、その後ワクチンの安全性及び有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められ、令和3年11月26日の同省通知により、令和4年4月より接種の積極的勧奨を再開することとなりました。厚生労働省作成のリーフレット・pdfヒトパピローマウイルス感染症予防接種説明書(pdf 111 KB)をお読みになり、ワクチンの有効性・リスクについてご理解いただいた上で、ご希望の場合は事前にご予約のうえ接種を受けてください。

下野市の対応

定期接種対象者

4月中旬にpdf子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種のお知らせ(pdf 599 KB)をお送りしました。
※4月12日以降に転入した方で通知をご希望の方は健康増進課までご連絡ください。なお、すでに全3回の接種が完了している方は接種する必要はありませんのでご注意ください。

対象者

接種時に下野市に住民票があり、小学校及び義務教育学校6年生から高校1年生相当の女子で、全3回の接種を完了していない方

接種実施期間

高校1年生相当の3月31日まで
※特例により、平成18年4月2日から平成20年4月1日までに生まれた女子は令和7年3月31日まで接種を受けることができます。

キャッチアップ接種対象者

積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方を対象に、定期予防接種として接種を行う「キャッチアップ接種」が始まりました。令和4年4月以降は接種可能になりましたので接種ご希望の場合は医療機関へご予約ください。
5月下旬にpdf子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種のお知らせ(pdf 339 KB)をお送りしました。
※4月12日以降に転入した方で通知をご希望の方は健康増進課までご連絡ください。なお、すでに全3回の接種が完了している方は接種する必要はありませんのでご注意ください。接種履歴は母子手帳でご確認いただけます。紛失してしまった場合は、接種当時に住民票があった市区町村へお問い合わせください。

対象者

接種時に下野市に住民票があり、平成9年度~平成17年度生まれの女子で全3回の接種を完了していない方
※このほか、平成18・19年度生まれの方は、通常の接種対象の年齢(小学校6年から高校1年相当)を超えても、令和7(2025)年3月末まで接種できます。

接種実施期間

令和4年4月1日~令和7年3月31日(3年間)

1回目接種から2回目の間隔が長くあいた場合の3回目接種時期について

サーバリックス<2価>接種の場合は、2回目の接種から2か月半以上あけてください。
ガーダシル<4価>接種の場合は、2回目の接種から3か月以上あけてください。
 

接種時の持ち物(定期接種・キャッチアップ接種対象者共通)

・母子手帳
・予診票(医療機関にあります)

実施医療機関

市内医療機関

※事前にご予約ください
医療機関 電話番号 医療機関 電話番号
市内実施医療機関
大柳内科・眼科 0285-51-2400 島田クリニック 0285-53-8000
おかべこどもクリニック 0285-40-7300 すずき内科・循環器科 0285-40-1260
おだかキッズクリニック 0285-39-8987 とちぎっ子発達クリニック 0285-32-6502
角田内科医院 0285-53-5665 新島内科クリニック 0285-53-8820
木村クリニック 0285-44-8211 にじいろこども診療所 0285-44-7716
グリーンタウンクリニック 0285-44-8311 ふじたクリニック 0285-51-2727
グリムこどもとアレルギーのクリニック 0285-51-1515 南河内診療所 0285-47-1070
国分寺さくらクリニック 0285-40-0203 和田マタニティクリニック 0285-40-5503
佐藤内科 0285-53-1305    

市外医療機関

上記以外での接種実施医療機関での接種も可能です。接種の可否は医療機関にお問い合わせください。
もしくは栃木県医師会公式HP(リンク先別サイト)「接種協力医療機関名簿」からご確認いただけます。
※かかりつけ医が県外にある等、やむを得ない事情で県外での接種をご希望される方は事前の手続きが必要となりますので、必ず接種を受ける前(10日以上前)に健康増進課にご連絡ください。

HPV予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関

HPV協力医療機関に関する県のリーフレットが更新されました。
県内では、自治医科大学附属病院と獨協医科大学病院が協力医療機関として選定されています。詳しくは pdfHPV接種後協力医療機関について (pdf 141 KB)をご覧ください。
※HPVワクチンを接種した後に気になる症状が出たときは、まずは接種医療機関やかかりつけ医への受診をお願いします。
※協力医療機関の受診については、接種を受けた医師またはかかりつけの医師にご相談ください。

全額自己負担で接種した方への償還払いについて

キャッチアップ接種対象者(平成9年4月2日生から平成17年4月1日までの間に生まれた女子)のうち、定期接種の対象年齢を過ぎてHPVワクチン(サーバリックス又はガーダシル)の任意接種を自費で受けた方は、接種費用の助成(償還払い)を行う予定です。詳細が決まり次第、こちらのページでお知らせいたします。なお「接種時の領収書」や「接種済証(接種記録が確認できる書類)」が必要になりますので、該当される方は大切に保管しておいてください。

厚生労働省公式ホームページをご覧ください

厚生労働省のホームページ(外部リンク)では、子宮頸がんワクチンに関する大切な情報を随時更新しています。Q&Aなども掲載されていますのでご覧ください。

改定版リーフレットが発行されました

厚生労働省から発行されているHPVワクチンに関するリーフレットが改定されました。
※(1)~(4)のリーフレットは容量が大きいため、リンク先(厚生労働省ホームページ)をご参照ください。
リーフレット一覧表
(1)小学校6年~高校1年相当の女の子と
保護者の方へ大切なお知らせ(概要版)


HPV概要版
(2)小学校6年~高校1年相当の女の子と
保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版)


HPV詳細版
(3)HPVワクチンを受けたお子様と
保護者の方へ


HPV受けた方
(4)HPVワクチンの接種に関係する
医療従事者向けリーフレットHPV
ワクチンの接種に関係する
医療従事者向けリーフレット


HPV医療従事者
(3)キャッチアップ接種リーフレット
(pdf 1.85 MB)

キャッチアップリーフレット画像
 

掲載日 令和4年8月1日 更新日 令和4年9月14日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 健康増進課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8604
Mail:
(メールフォームが開きます)